チャップアップ

【効果を上げるには?】チャップアップの正しい使い方7つのポイント!

更新日:

チャップアップ育毛剤を使用していくなら、正しい使い方で効果をしっかり出したいですよね。

けっこうチャップアップの使い方は適当だという人が多いのですが、それではしっかりとした効果が出ないですし、損をしてしまいますので注意しましょう。

正しい使い方を覚えてからチャップアップで効果のある育毛をしていきましょう。

今まで、チャップアップを使っていたのに効果が出ないとか、これからチャップアップで育毛をしようと考えている人は使い方を覚えるのがとても重要です。

ちなみに、この使い方は美容院でも推奨されている育毛剤の使い方です。

チャップアップの使い方には7つのポイントがある

チャップアップの正しい使い方を覚えるためには、7つのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

その1 しっかりシャンプーで頭皮を清潔にしてから使う

育毛剤はいつ使っても良いというわけではなくて、育毛剤の使用前にはシャンプーで頭皮を清潔にしておくことが重要です。

とくに男性の頭にはかなりの皮脂が溜まっていますから、シャンプーをしないと毛穴に皮脂が詰まっている状態です。

これだと、せっかく良い育毛剤を使ったとしても効果はでませんから、使い方としては重要なポイントです。頭皮をしっかりと清潔にしてから育毛剤を使用しましょう。

入浴後にはなるべく早く髪の毛を乾かして、チャップアップを使うのがとても大切なポイントです。

お風呂に入った後は、体が温まっているので頭皮の血行も良くなっておりベストなタイミングです。

その2 ドライヤーで乾かしてからチャップアップを使う

入浴後に髪の毛が濡れたままなのに育毛剤を使う人がいますが、しっかりと乾かしてから育毛剤を塗るのが正しい使い方です。

濡れているから駄目というわけではないのですが、結局せっかくの成分が髪の毛の水分と混ざり合って薄まってしまうからです。

別の理由としては、髪の毛が濡れたままだと頭皮全体にチャップアップが届いたのかが確認しにくくなります。

基本的にはドライヤーを使って、7~8割程度は髪の毛を乾かしてからチャップアップを使うのがベストです。あまり乾かしすぎると乾燥が原因で抜け毛になってしまうので、注意しましょう。

あと、ドライヤーの使い方も大切で、あまり頭皮との距離が近すぎるのもよくありません。

その3 チャップアップは頭皮全体に塗るのが良い使い方

チャップアップだけとは限らないのですが、育毛剤を使う時には頭皮全体に塗らなければいけませんし、それが効果をしっかり出させる使い方です。

なぜなら、頭皮の血行が良くなれば抜け毛は少なくなりますので、頭皮全体の血行不良を防ぐことはとても重要なのです。

ついつい、気になる頭頂部や生え際だけに使ってしまうことも多いですが、頭皮全体に広がるようにするのが正しい使い方なのです。

後ほど、頭皮マッサージのやり方も書きますが、チャップアップを湿布した後は2分程度そのままにしておくのも育毛に大切な成分が頭皮全体に広がるために大切なコツです。

その4 チャップアップは使う量をケチってはいけない

チャップアップのようにある程度の値段がする育毛剤の場合、ついついちょっとずつしか使わないという人がいます。

気持ちはとても理解できるのでが、残念ながらその使い方では育毛に失敗してしまいますので注意しましょう。

チャップアップは1日約30プッシュにあたる、4mlがメーカーのオススメの使い方となっていますので、ケチらないで使いましょう。

あまり量を消費したくないという気持ちは理解できますが、目先のお金だけにこだわってしまい、肝心の育毛有効成分が必要な所に届かなかったら全く意味がありませんし、お金の無駄になります。

メーカーが指定している使用量をしっかりと守った使い方をしましょう。

せっかくある程度のお金を払ってチャップアップで育毛に真剣に取り組むわけですから、変にケチるのは避けましょうね。

その5 チャップアップを使ったら頭皮マッサージをする

育毛剤を使用した後は、頭皮マッサージをするというのがオススメの使い方です。シャンプーしながらでも押すと良いツボがいくつかあります。

百会(ひゃくえ)をしっかりと刺激しよう

まず、最初に覚えたいのが百会というツボで、場所は耳の最も高い位置から頭頂部へ上がっていき両方がぶつかった場所です。

この百会を両指でしっかりと刺激すると血流がとても良くなります。

中にはこのツボを押しているとお腹がゆるくなるという人もいるくらい、効果のあるツボですから、頭皮マッサージをする時にはこのツボをしっかりと刺激しましょう。

全身の血流も良くするツボなので、体の中から老廃物を出すことができますし、チャップアップの成分が髪の毛に届きやすくなります。

角孫(かくそん)も忘れずに刺激しよう

角孫は耳の一番高い場所のすぐ上にあるツボですが、ここを刺激するのも忘れないようにしましょう。

チャップアップを使った後に刺激することで、頭皮の血流を改善できます。

あまり強くやると逆効果になりますから、頭皮を引っ掻いたり擦って刺激しすぎないように気をつけましょう。

その6 チャップアップは朝晩の1日2回が正しい使い方

チャップアップはメーカーが推奨しているように、1日2回使うことによって最大限の効果を期待できます。

ですから、今までの通りの使い方を朝と夜繰り返しましょう。

朝にチャップアップを使う時には、シャンプーをする必要はないので、起きたままの状態でチャップアップを塗ります。

夜に洗髪していれば、頭皮はそこまで汚れていませんし、1日2回シャンプーするのは育毛をするためにあまり良くないので、朝はシャンプー無しで問題ありません。

逆に朝にシャンプーを使用して必要な皮脂まで落としてしまうと、頭皮が紫外線でダメージを受けやすくなるので、頭皮の状態が悪くなるという可能性もあるのです。

正確な塗るタイミングはいつがオススメ?

夜にもチャップアップは使用するということが分かりましたが、成長ホルモンが分泌される時間帯に塗るのが最適な使い方です。

成長ホルモンが分泌されやすいのが、22時から2時と言われていましたが実は時間にこだわる必要はないということが分かってきました。

時間に関係なく、睡眠をしっかり取るためのスイッチが入っている状態担っているかが大切です。

一番ホルモン量が多いのが、最初の深い睡眠になって一時間後くらいです。つまり、夜遅くまで働いている人でも、寝る前にチャップアップを塗ればちょうど良いということになります。

2時までに寝れないからチャップアップは使えないと諦めないようにしましょう。

ちなみに、やはり最初の深い睡眠に入ってから四時間程度の間に成長ホルモンがたくさん分泌され新しい髪の毛が作られやすくなります。

その7 チャップアップは諦めずにとにかく使い続けよう

チャップアップの正しい使い方について考えてきましたが、最終ポイントは諦めずに使い続けるということです。

育毛剤は使用後基本的には3ヶ月から6ヶ月で効果が出てきます。

その間にチャップアップを使用するのを止めてしまったら、今まで積み重ねてきた努力が無駄になってしまいます。

仕事と同じで、しっかりと継続するということが成功と直結するのです。

チャップアップの正しい使い方をまとめてみよう

チャップアップだけではないのですが、育毛剤は正しい使い方を知って実行することが重要なのです。

そうすることで、育毛効果を発揮します。

チャップアップの使い方の7つのポイントがあったので最後にまとめてみますので、復習してくださいね。

  1. シャンプーで頭皮を清潔にしてから使う
  2. ドライヤーで乾かしてから使う
  3. チャップアップは頭皮全体に塗る
  4. チャップアップは使う量をケチらない
  5. チャップアップを塗ったら頭皮マッサージ
  6. チャップアップは1日2回使用する
  7. チャップアップは使い続ける

7つのポイントは多いと感じるかもしれませんが、すぐに覚えられますので、このページを何度も読んで参考にしてくださいね。

-チャップアップ

Copyright© チャップアップの効果を29歳の私が1年間使った結果で証明してみます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.