チャップアップ

チャップアップはAGAに効果なしって本当?それは半分本当で半分は嘘!

更新日:

チャップアップには、AGA(男性型脱毛症)の改善効果がないという話があります。本当なら、チャップアップの人気はガタ落ちかも。

でも、AGA対応のための成分もあったはず。効果がないとはどういうことなのか、詳しく検証していきます。

そもそもAGAって何なの?その原因・メカニズムを解説!

AGAは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンが関わっているのでこういう名前がつきました。

男性ホルモンが脱毛を起こすAGAのメカニズム

AGAで脱毛が起こる仕組みは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合することから始まります。

すると、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンに変化。このDHTが毛根の受容体と結合し、脱毛指令因子を出します。

その結果、髪の成長サイクルが乱され、成長期が短縮。毛包が小さくなり未成長の細く短い毛が増え、やがて休止期に入って脱毛、という経過をたどります。

AGAに対抗する方法は?

AGAになるかどうかは、酵素の分泌量、受容体との結合しやすさに左右されます。この体質は遺伝するので、ハゲは遺伝するといわれるんです。

こういったAGAに対抗するには、DHTの生成を抑制したり、脱毛指令因子を抑制すること、または乱された成長サイクルを正常化するといった対策が。

最も多く使われるのが、DHTを作る酵素の働きを阻害して、DHTを作れなくする方法です。

チャップアップにAGAを改善する効果がある?それとも…

男性ホルモンが関係するAGAのメカニズムですが、ここにチャップアップが関われる部分は?

チャップアップなどの育毛剤はAGA治療効果は認められず

チャップアップだけではなく、育毛剤と呼ばれる商品には、AGAを治療する効果はありません

育毛剤は、ほとんどが医薬部外品とか化粧品の分類になります。その育毛剤に使える成分には、AGAの治療効果は認められていないんです。

効果があるのは、ミノキシジルやフィナステリドといった医薬品で、育毛剤ではなく発毛剤・治療薬と呼ばれたりします

育毛剤を使う目的は何?

だったら、育毛剤は何のために使うの?ということになりますね。育毛剤は、「今ある髪を健康な状態で維持する」ために使われます。

ポイント

  • 抜け毛が気になり始めた
  • 髪が薄くなった気がする
  • 薬の副作用は避けたい

こういった初期の状態であれば、育毛剤での対処が可能でおすすめできます

チャップアップなどの育毛剤は、AGAに効果なしとまでは言えませんね。穏やかな作用でAGAに対応するので、進行したAGAの本格的な治療には不向きなだけ。

本格的なAGA治療を望む人には医薬品の発毛剤がおすすめ

AGAが進行して、薄毛ではなくハゲに到達した人、あるいは、薄くなった髪を元のようなフサフサに復活させたい人は、医薬品の治療薬がおすすめです。

日本皮膚科学会お墨付きの治療薬でAGAを治療!

医薬品のAGA治療薬には、DHTの抑制や発毛を促す効果が公的に認められています。

科学的な根拠(エビデンス)がある治療薬なので、AGAに対しての治療効果は十分期待していいでしょう。

日本皮膚科学会が出したAGA治療のガイドラインでは、発毛薬のミノキシジルや治療薬のフィナステリド・デュタステリドが推奨されています。


出典元:日本皮膚科学会

ミノキシジルでは市販のリアップが有名ですね。フィナステリドは商品名プロペシアがよく処方され、クリニックではミノキシジルとの併用も普通に行われます。

ただ、医薬品は高い効果が期待できる反面、副作用のリスクも伴います。実際に使用するときはそのことを理解して慎重に。

何かあれば必ず医師の指示に従ってくださいね。

チャップアップは早期のAGA・予防なら改善が期待できる

チャップアップがAGAには効果がないというのは、正確には医薬品みたいな治療効果がないということ

早期・軽度のAGAとか、予防したい人であれば改善を期待していいんです。そのための成分がしっかり配合されています。

だから、育毛剤として人気№1が維持できているんだと思います。

チャップアップとサプリのAGA対応成分7つを紹介する!

チャップアップとサプリのAGAを抑制する成分は、薬じゃないので作用は穏やか。でも、それぞれの働きでAGAに対抗します。

改善効果が期待できる主な成分を7つ紹介していきます。

AGA改善成分①オウゴンエキス

コガネバナの根から抽出したエキスで、5αリダクターゼの働きを抑えることで、DHTの生成を抑えます。多くの育毛剤に使われて、実績のある成分なのです。

他には消炎、保湿、抗酸化作用があり、化粧品にも使われています。

AGA改善成分②ヒオウギエキス

この成分も、5αリダクターゼを働けなくすることで、DHTの生成を阻害します。

イソフラボンを多く含み、女性ホルモンと似た作用も。男性ホルモンとのバランスを整えるので、この働きでもAGA対応が望めます。

AGA改善成分③ビワ葉エキス

ビワ葉エキスも5αリダクターゼを阻害しますが、同時にDHTが受容体と結合して出す脱毛因子を抑える作用もあります。

DHTの生成とその作用も抑えるという2重ブロックのほか、毛母細胞活性化・血行促進にも期待。AGA対応成分としては、非常に優れた成分といえますね。

AGA改善成分④チョウジエキス

チョウジのつぼみのエキスで、5αリダクターゼの働きを抑制します。

作用については、酵素の活性化阻害と抜け毛減少という2つの実証試験が行われ、どちらも有意な結果が得られました。
参考元:化粧品成分オンライン

AGA改善成分⑤ノコギリヤシ

ここからはサプリの成分です。まずノコギリヤシですが、すでに多くの育毛サプリに使われている成分で、同じDHTが原因の前立腺肥大の改善でも実績があります。

効果の実証実験も多数あり、医薬品・フィナステリドとの比較では、その半分強のDHT抑制力が示されました。

それでも副作用はなく、安全で有効な成分として定評があります

AGA改善成分⑥フィーバーフュー

ナツシロギクのエキスで、成分のパルテノライドにDHT抑制作用と育毛作用が期待できます

DHT抑制では、DHTの生成に関わる物質・NF-kBの働きを阻害。さらに、育毛作用は大阪大学の実験で、被験者の8割に増毛効果が見られたとされます。
(日経新聞2008年2月5日付)

AGA改善成分⑦亜鉛

抜け毛抑制だけではAGA対策は片手落ち。亜鉛の働きはDHT抑制ではなく、髪の成長促進作用です。

髪の材料はアミノ酸で、これをタンパク質に合成して髪の毛を作りますが、その過程で亜鉛が必須に。食事では不足がちなので、サプリでの補給が重要な対策なのです。

まとめ・【早期限定】チャップアップはAGAにおすすめ!

チャップアップの成分は、医薬品のような強力な発毛作用や脱毛抑制作用は持っていません。チャップアップを含む、育毛剤全部がそうなんですけどね。

なので、本格的なAGAの人には、残念ながら効果は望めません

だったらAGAには無力かというと、それは違います。薬と作用は同じでも、穏やかな働きの成分が配合されていて、薬みたいな副作用は心配なし。

なので、早期のAGAだけど先行きが不安とか、薄毛予防をしたい人には最適です。始めるのは早いほど効果的でしょう。

おすすめはノコギリヤシ配合のサプリとのセット。お得な定期便でどうぞ。

-チャップアップ

Copyright© チャップアップの効果を29歳の私が1年間使った結果で証明してみます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.