チャップアップ

チャップアップを使って副作用は出ないの?もし出た時の対処法は?

更新日:

効果が期待できる育毛剤は副作用が強いと言われていますので、チャップアップにも副作用があるのではないかと考える人が多いです。

チャップアップは豊富な成分を含み頭皮の改善をしてくれますし、刺激も少なく、永久返金保証もついているので非常に人気です。

2017年にモンドセレクション金賞を取るくるい注目されている育毛剤なので期待する半面、効果があるということは副作用があるのでは?と不安になってしまいます。

では、実際にチャップアップには副作用があるのでしょうか?

チャップアップの副作用についてのメーカーは?

チャップアップの副作用についての製造メーカーの見解を知るためには、公式サイトを訪問するのが一番です。

良いことがあれば、必ず何かしらの悪い点も付随するというのが常識となっていますので、いい育毛剤にはそれなりにリスクがあるはずと考えてしまうのも無理はありませんね。

ちなみに、公式サイトで良いことばかりが書かれている商品には注意した方が良いです。

もちろん、どのメーカーも自分の商品の売上を上げたいと考えるのは当然ですが、そのために良いことだけを表記してリスクを書かないというのは信頼性に欠けます。

逆に公式サイトにリスクについて書いてあれば信頼できる見解ということになりますね。

チャップアップの公式サイトに副作用の記載はある?

チャップアップの公式サイトの中にリスクについて記載されているかという点ですが、「よくある質問」の中に使用上の注意について書かれています。

簡単に要約してみると次のようになります。

  • 頭皮に異常が生じている時には使用してはいけない
  • 使用していて、赤みや腫れ等が発生したら使用を中止する
  • 使用した肌に直射日光があたり、異常があらわれたら使用を中止する

気になるのは、やはり2番目のリスクですね。

使用して赤みや腫れが出たら使用中止という指示があるということは、チャップアップを使っていると頭皮に異常が発生する可能性があるということでしょうか?確率によっては少し使うのが恐いですね。

チャップアップの3つの副作用と対処方法を知ろう

チャップアップの公式サイトにも書かれている通り、チャップアップを使用していて異常が出る可能性はゼロではないということです。

公式サイトに書かれている異常と、その他2つの副作用の可能性と対処方法について説明します。

副作用その1 チャップアップでアレルギー反応が出るかも

チャップアップの副作用の一つの可能性としては、アレルギー湿疹が挙げられます。

チャップアップのメーカーの公式サイトには、赤みや腫れの可能性について記載されていましたので、その可能性はあるということです。

もちろん、天然成分で作られており、無添加なので万全を期された商品でかなりリスクは低くなっています。

ただ、チャップアップにはたくさんの成分が入っているので、もともとアレルギー体質の人はいずれかの成分に反応する可能性があるのです。

チャップアップでのアレルギー反応を防ぐためには?

チャップアップの副作用とも言える、アレルギー反応を防ぐためには、パッチテストを行うのが良いです。

チャップアップを購入してすぐ使いたい気持ちは分かりますが、いきなり頭皮に塗るのではなくて、腕の内側に少しだけ塗って様子をみるという方法です。

腕に少量塗って、その部分が赤くなったり腫れたら、なんらかのアレルギー反応が起きる可能性がありますので、チャップアップの使用は諦めましょう。

その場合は、チャップアップの人気の一つである、全額返金保証制度を利用して、返品してお金を返してもらいましょうね。

副作用その2 チャップアップで血行が良くなり痒くなるかも

チャップアップの公式サイトには、痒みについても書かれていますが、これは必ずしもアレルギー反応によるものとは限りません。別の理由で頭皮に痒みが発生しているかもしれないのです。

頭皮の血行が良くなって痒みが発生しているという可能性もありますので、もしそれが理由であれば、チャップアップが育毛剤としてしっかり機能しているという証拠です。

例えば、お風呂に入って、だんだん体が温まってきたら体の一部が痒くなるという現象を体験したことがありませんか?

それと同じで、血行が悪かったところに血が巡るようになると痒みが発生するのが人間の体です。

ですから、チャップアップを使用していると、害としての副作用ではなくて、ポジティブな面での副作用も出る可能性があるのです。

チャップアップを使って頭皮に痒みが出たらどうする?

チャップアップを使い始めて頭皮が痒くなった場合、アレルギー反応なら中止、血行改善からの痒みなら継続となりますね。

それを見分けるのは重要なポイントですが、その時に活用できるのがカスタマーサポートです。

チャップアップのメーカーに電話して問い合わせてみると、アレルギー反応なのか見分けるためのヒントがもらえます。

副作用その3 チャップアップでまれに初期脱毛が起こるかも

育毛剤を使っているうちに、逆に脱毛が増えてしまうことがありますが、それを初期脱毛と呼びます。育毛に取り組んでいる人なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

効果のある育毛剤を使うことによって、毛母細胞に刺激が与えられてサイクルが正しくなり、弱っている異常な毛が抜けてその後から正常な強い毛が生えてくるからです。このような理由で、一時的に脱毛の量が増加するのです。

これも、ヘアサイクルが正常になった証拠ですから、ポジティブな副作用ということになります。

チャップアップで初期脱毛が起こる確率は高いの?

通常、初期脱毛は発毛剤を使用した時に起こることが多いです。発毛剤は、チャップアップ等の育毛剤よりもさらに強力なカテゴリーに属します。

効果も一気に出る可能性がありますが、その分だけ初期脱毛も派手に発生する場合が多いですね。

しかし、チャップアップのメーカーに確認したところ、チャップアップを使用しだして一ヶ月後くらいに一時的に脱毛量が増えたという報告も少なからずあるということです。発毛剤よりは確率が低くなるものの可能性がゼロではないということです。

しっかりとリスクについても答えてくれるというのは信頼できるメーカーだということの証拠ですね。

チャップアップを使用して初期脱毛が起きたらどうする?

チャップアップでも初期脱毛が起きる可能性は発毛剤と比べると低いですが、起きてしまった場合はどのように対処すれば良いでしょうか?

チャップアップのメーカーによると、このような副作用の場合は、使用を継続することが解決策だとのことです。

なぜなら、一時的に抜け毛が増加しても、長期的にチャップアップを使うことで、強い毛が増えていくからです。

チャップアップ等の育毛剤と発毛剤の副作用リスク比較

チャップアップを含む育毛剤と発毛剤の違いをしっかりと覚えておきましょう。

一般的に育毛剤として分類される商品は、発毛剤と比べると効果も副作用も緩やかに出る傾向があります。この違いは法律でもしっかりと認められていることです。

発毛剤は医薬品として分類され、育毛剤は医薬部外品だからです。ちなみに、医薬部外品の定義は人体に対する作用が緩和なものとされています。

チャップアップは育毛剤で、医薬部外品として分類されているので、法律の観点から見ても特別大きな副作用リスクがあるとは考えられないのです。

チャップアップは副作用が恐い人でも使える育毛剤

チャップアップは成分や法律に沿った分類でも、重篤な副作用を生じさせるような商品ではありません。

副作用が出たとしても軽いものだということですね。

また、万が一アレルギー反応が出そうならパッチテストをすれば副作用リスクも最小限にできますし、返金保証制度も利用すれば経済的にもリスクを小さくできます。

チャップアップは副作用の発生が恐いと感じている人でも試すことができる育毛剤ですね。

使っていた何か不安なことがあったら、すぐにチャップアップのメーカーが用意しているカスタマーサービスに電話して相談できます。フリーダイヤルなので料金もかかりません。

どうしても副作用が気になるという場合は、チャップアップの公式サイトに記載されている電話番号にかけてみて、色々と質問することもできます。

-チャップアップ

Copyright© チャップアップの効果を29歳の私が1年間使った結果で証明してみます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.